コンテンツ5

Wellness5教科に関するQ&A


Q:ウェルネス5教科とはどんな授業ですか?
A:ウェルネスの考えは、「中学生高校生は限られた就学期間の中で効率の良い学習を目指すべきだしています。
ほとんどの生徒は学校授業の時間がもっとも長いはずです。
だから学校授業をいかに効果的に活用するかが定期テストの成績向上にも志望校合格につながるのは当然として、ウェルネス独自の工夫で社会が必要とする人間的な能力の向上につながる授業をウェルネス5教科と呼んでいます。
Q:英語授業の内容を具体的に教えてください。
A:中学高校の授業では英語を読む力や文法の習得は効果的に実施されていますが、英語で話す力がつかないのが実情です。
中学英語の読む力レベルで英語を話せれば日常会話どころか、簡単な討論くらいは英語でできるはずです。
日本人の英語が弱いと言われるのは英語でまともに話せないからです。
ウェルネス英語は学校授業の不足している話す英語を強化しながら学校英語の復習予習をします。
具体的には外国人講師が原則英語だけで学校英語のテキストで指導していきます。
生徒の英語を聞き取る力が格段に向上し、自分の言いたいことが自然に口からでるようになります。
Q:数学授業の内容を具体的に教えてください。
A:数学は問題の意図が理解できて、問題に必要な解法を身に付けており、最適な解法を選択し、計算ミスをせずに、早く答えを導き出すかが得点につながります。
ウェルネスでも他塾と同様に生徒に問題を解かせますが、解く時間を計測し、解法へのひらめき力を効果的に高める手法と計算間違えを繰り返さないような指導をします。
また、解法そのものがまだ身についていない場合は、その単元に絞った個別指導で補完します。
Q:国語授業の内容を具体的に教えてください。
A:国語は現代国語、古文、漢文があります。古文漢文は学校授業に合わせてオンリーワン的な授業を行います。
記憶する古文漢文ではなく、自分流の楽しんで学ぶ方法を身に付けさせます。
現代国語は日本語を正しく理解し、自分の考えを客観的論理的に表現できるように指導します。
この指導は学校の国語教科書ではなく、社会や理科の教科書を用います。そうすることで理科社会の両科目も一緒に学習できるので効率的です。
Q:理科社会の授業内容を具体的に教えてください。
A:学校の理科社会のテキストは記憶重視の構成になっています。ウェルネスも同じテキストを使いますが、補助教材で単なる記憶ではなく、分類する、比較する、理由を考える、次を想定すると言った作業をさせていきます。
考える力をつけるのが目的ですが、記憶もしっかりと身に付きますので学校のテストの得点力向上につながります。