コンテンツ1

.ウェルネスのTurbo授業


ウェルネスは鹿児島大学の産学官連携事業を活用して、ドリームやJUMPプログラムを共同開発しました。これらのプログラムの基本は生徒が主役の教え方です。生徒の存在を最大限引出し、自分を表現させながらまわりの人と共感を育てていくものです。この理念を応用してTurbo授業を始めました。生徒が生徒に問題を出す。答えは原則口頭です。問題を出す生徒も勉強になり、出された生徒ゲーム感覚のやりがいのある、しかも能動的な学習になるという優れものです。今回の合宿の目玉です。Turboは問題を出す方も答える方も集中するので疲れます。疲れたときの遊びもあります。逆立ち!これも優れもの。非日常の体験となります。こんなウェルネスの合宿です。

 

IMG_6626.jpg

 

 

 

IMG_6625.jpg

 

 

 

IMG_6618.jpg